ニュースリリース

鋳物、鋳造の品質改善

2018.11.24

今月は技術課を紹介します。
技術課は5名で木型の方案から検査まで行っています。
木型は鋳物を製作する時の模型ですが、製品によっては
斜面や自由曲面等、メジャーやノギスで検査ができない為
3次元計測器で計測し評価しています。
又複雑な形状の製品も仕上後、3次元計測器で評価しています
評価は製品を3次元計測器のレーザーで面を測定し
3DCADと合わせ、差が色で表示されるため一目で解ります。
今後も3次元計測器を活用し製品の品質改善に努力していきます。

スクリュウ

 

“「まごころ」をこめた鋳物づくりを通じて社会へ貢献し、お客様へ喜んで

もらえる製品を作ります”  の精神を胸に社員一丸となり、日々精進しています。

鋳物は一品一品、違う顔があり、わが子を育てるように手をかけ次工程の事を

思い、製作します。70年もの実績から築きあげられた鋳物技術により、

品質・納期・コスト等お客様満足を追求しています。

 

ステンレス鋳物(SCS13)のお問い合わせ、ステンレス鋳物(SCS13)のお見積りは

営業課(hoyo@k-hoyo.co.jp)またはホームページ内のお問い合わせまで

よろしくお願い致します。