峯陽のブログ

長崎高等技術専門校の生徒さんがインターンシップに来ました

2021.07.09

2021年7月7日~9日の3日間、長崎県立長崎高等技術専門校の機械加工・制御科の生徒さんがインターンシップに来ました。

我社では毎年の様に、機械加工・制御科及び溶接技術科の生徒さんのインターンシップを受け入れて居り、学校では学ぶことが出来ない実際のものづくりの現場を体験してもらい、今後の進路に役立てて頂いています。

1日目はまず実習の前に、会社概要説明・3日間の実習内容・安全教育を行いました。

午前9時より、いよいよ工場内での実習の始まりです。午前中は、図面の見方やマーキン作業の実習を行いました。

午後からはNCターニングゼンターの実習です。図面を見ながらどこの加工を行うか、切削条件、加工前の段取作業を行い、加工した後の製品の計測も行いました。

 

 

 

2日目の実習は、五面加工機、横中ぐり盤の実習です。指導は高技校の先輩が行いました。後輩の加工知識を深める為に、やさしく・判りやすく・丁寧に指導を行っていました。

 

 

 

最終日は、立型マシニングセンター、フライス盤、加工後の製品のヤスリ手入れの実習を行いました。又、製品完成後の梱包・発送の様子も見学して、3日間に亘って最終のお客様へ発送までの工程を実習することが出来ました。

 

 

 

3日間の短い期間では有りましたが、今回の実習で学んだ事を学校での授業・実習に役立てて頂けたらと思います。

 

 

 

 

 

 

“「まごころ」をこめた鋳物づくりを通じて社会へ貢献し、お客様へ喜んで

もらえる製品を作ります”の精神を胸に社員一丸となり、日々精進しています。

鋳物は一品一品、違う顔があり、わが子を育てるように手をかけ次工程の事を

思い、製作します。70年もの実績から築きあげられた鋳物技術により、

品質・納期・コスト等お客様満足を追求しています。