峯陽のブログ

長崎鶴洋高校の生徒さんが工場見学に来ました

2021.07.08

2021年7月8日(木)長崎鶴洋高校機械科1年生の生徒さん17名が貝津団地の工場見学に来ました。

貝津団地には、製缶工場・機械工場・メッキ工場・鋳物工場が有り、それぞれの会社6社を見学しました。

当日は梅雨空で時折雨が降る天気でしたが、午前11時に生徒さんは元気に我社へと到着し、工場前での会社概要の説明後工場内へと入りました。

 

 

 

 

まず初めに、工場内で鋳物の製造方法や鋳物造りの難しさ、ものづくりの楽しさ等の説明を行いました。

 

 

 

 

次はいよいよ鋳込作業の見学です。

3トン炉から勢いよく溶湯が流れ出し周りが真っ赤になった時には、生徒さんか驚きの声が上がり、鋳込作業を見入っていました。

 

 

 

工場内は大変蒸し暑い中での見学でしたが、今回の工場見学で学んだ事を今後の進路に役立てて頂けたらと思います。

 

 

 

 

 

 

“「まごころ」をこめた鋳物づくりを通じて社会へ貢献し、お客様へ喜んで

もらえる製品を作ります”の精神を胸に社員一丸となり、日々精進しています。

鋳物は一品一品、違う顔があり、わが子を育てるように手をかけ次工程の事を

思い、製作します。70年もの実績から築きあげられた鋳物技術により、

品質・納期・コスト等お客様満足を追求しています。