峯陽のブログ

新入社員も頑張っています

2021.06.05

我社にも毎年、長崎高等技術専門校や県内の高校から新卒の新入社員が入社しています。

初めて新社会人となって不安の中入社しましたが、上司や諸先輩の指導により立派に成長し、会社発展の為に早くも貢献しています。

 

2019年3月に長崎高等技術専門校の機械加工制御科を卒業した社員は、入社2年目を迎えました。

入社後3ケ月間は先輩社員から切削技術の指導を受け、4ケ月目からは一人でNC工作機械を操作出来るまでに成長しました。

今では5台の様々な工作機械を操作し、更なる成長を遂げています。次回は後輩が入社した時には、良い指導者になってもらいたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月に長崎高等技術専門校の溶接技術科を卒業した社員も入社後1年を迎えました。

初めの頃はガウジング切断を多く行っていましたが、徐々に先輩の指導を仰ぎながら鋳物溶接補修へと技術を向上させています。

今後は、更に多くの溶接資格を取得し、我社の溶接技術の向上に貢献して頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

今年の3月に県内の高校を卒業した新入社員は、4月から鋳造工場で頑張っています。

巧の技である鋳物造型作業に従事していますが、作業には様々な資格が必要です。

まず初めに5月に玉掛け資格の技能講習を受けました。3日間の講習を無事終了し、試験にも見事合格、玉掛け資格を取得しました。

6月には床上操作式クレーンの技能講習を受けて、資格を取得する予定です。

無事に資格を取得して、諸先輩より鋳物造型技術を学び、早く一人でも造型出来る様に成長してもらえたらと思います。

 

 

 

 

 

 

今後も若い新入社員が入社する事と思います。

ベテラン社員の技術を、若手社員にも早く引き継いでもらえたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

“「まごころ」をこめた鋳物づくりを通じて社会へ貢献し、お客様へ喜んで

もらえる製品を作ります”の精神を胸に社員一丸となり、日々精進しています。

鋳物は一品一品、違う顔があり、わが子を育てるように手をかけ次工程の事を

思い、製作します。70年もの実績から築きあげられた鋳物技術により、

品質・納期・コスト等お客様満足を追求しています。

 

ステンレス鋳造(SCS)、鋳鋼SC材、ポンプ鋳造のお問い合わせ、お見積りは

営業課(hoyo@k-hoyo.co.jp)またはホームページ内のお問い合わせまで

よろしくお願い致します。